ご挨拶

公益財団法人鹿児島奨学会 
第8代理事長
本田 勝彦
(元日本たばこ産業株式会社代表取締役社長)

 鹿児島奨学会同学舎では、「グローバルはまずローカルから」を基本方針としている。
多くの同学舎出身者が世界を舞台に活躍しているが、同学舎では、世界に出て自己主張し、
訴えるべき自己確立の基本を、同学舎時代にしっかり磨いて確立せよと指導している。
 同学舎では、毎年、舎生が企画立案し全国各地に国内研修旅行に出かける。
 そして4年に一回は必ず、「木曽三川」「関ヶ原島津退き」の岐阜県に出かけ、祖先達が遠
く故郷を離れた土地で如何に苦労したか、そして今もその地の方々に畏敬の念を持って
大変感謝されているのを直に見て、自分が薩摩の人間であることを実感するのである。
さらにもう一つ、「南洲翁遺訓」の荘内山形を訪ね、戊辰戦争で西郷隆盛が荘内藩に対し
て寛大な措置を取り、いかに感謝されているかを酒田の南洲神社や鶴岡の致道館を見て
実感し、さらに鹿児島県最大の百貨店由来の紅花の米沢を訪ね歴史の重みをかみしめる。

 出水出身のH.T君(東京大学法学部出身)は、もともとマラソン選手で、同学舎時代も登校前に、毎朝多摩丘陵を10キロ走り練磨して、
故郷のマラソン大会出場に帰郷するほど郷土に強い愛着を持っていた。学生時代は出水には弁護士が少ないからと弁護士を目指した時期も
あったが、その後、その情熱は鹿児島県政へ、やがて国家全体への熱情と変わり、日本を代表する中央官庁で働くこととなった。そして入省間
もない東北大震災直後から、東北のある市長の特別アドバイザーとして赴任し、財務関係の業務に専念する傍ら地元青年商工会議所会員と
協力して復興後の地元産業として、豊富な森林木材チップ活用自然エネルギー事業を立上げた。その後この木材エネルギー事業の郷土出水
への導入にも努力した。
 本省復帰後、シカゴ大学大学院に留学MPP(Master of Public Policy)取得を目指し、シカゴ大学大学院に留学。シカゴ大学は全米有数のス
パルタ教育で知られている。全世界から集まる俊秀との熾烈な競争が待ち受け、専門科目はもちろん、一般教養でもそれぞれの文化や歴史・民族・宗
教の話題が縦横無尽に飛び交う。その時に、19世紀に多くのアジア諸国が西欧列強の植民地となる中で、日本はアジア文化圏に属しながら、
西洋文明も取入れ独自の政治、経済、文化を構築して独立を保ってきたことを、歴史的事実や背景を交えながら理論的に説明して、欧米の級
友とも一段と深い関係を構築できたという。
 そして彼は、「グローバルに活躍するうえでローカルな根っこをきちんと持つこと、我々にとっての郷土・鹿児島とのつながりを持ち続けること
が重要。鹿児島の偉大な歴史に郷愁するだけでなく、その現代的な課題を理解し、その改善をコミットし続けることが大事。」と主張する。将に、
かねて同学舎が理念とする「グローバルはまずローカルから」である。
 百十余年前に、島津忠義公が「人を育てるには百年の計」として島津奨学資金を立上げて頂いた理念が、今も同学舎に脈々と生き続けている
ことを強く実感し感謝してやまない。

鹿児島奨学会同学舎 平成31年 (令和元年) 度幹事(寮長)

三原大樹(青山学院大学)

同学舎 舎生幹事挨拶

こんにちは。今年度の同学舎舎生幹事を務めます、3年の三原大樹です。
同学舎は今年度日野40期生を迎え、節目の年を迎えました。この節目の年に幹事という役を務めさせていただくことは大変に光栄なことでありこの同学舎にしっかり貢献していく所存であります。また、舎生一同この節目の年に自らを振り返り更なる高みを目指していきます。
さて、この二年間同学舎で大学生活を過ごしてきて同学舎の素晴らしい点をいくつも感じてきました。
まず、同学舎は「東京の実家」であるということです。朝起きれば朝食があり、大学から帰ってくれば夕食が用意されている。一人上京してきた学友に同学舎を紹介して先ず羨ましがられるのはこの点です。食事が用意されること、日々語り合う友がいること、風邪をひいたときに看病してくれる人がいること、これらのことは日々過ごしていると当然のことのように感じてしまうこともありますが、自分が恵まれているということを感じこの環境に感謝していきます。
次に、「先輩とのかかわり」です。同学舎では毎日数学年上の先輩と顔を合わせます。その中で大学生活を過ごしていくうえで大事にすべきことから様々な価値観まで多くのことを学んでいます。また、120年を超える長い歴史を持つ同学舎では。人生の大先輩となる方とお会いさせていただく機会もあります。皆さんの人生経験から作られるアドバイスには大変感銘を受けます。このように先輩方から多くのことを学べるのも同学舎という特別な場であるからだと感謝しております。
最後に「自らを律する」ことができるということです。大学から一人暮らしを始めた人の中では自らの初めの目標を見失ったような生活をしている人が多くいます。しかし、同学舎では自分が堕落しそうになると同期からの熱い檄が飛んできます。さらに、自分を高めるための活動をしているような舎生を見ることで毎日気を引き締めなおすことができます。
ここまで同学舎の良い面を書いてきましたが、これらの環境を維持していくのは私たちであります。同学舎という素晴らしい環境を後代に引き継いでいくために、舎生一同何をすべきかをしっかりと考え日々生活して参ります。また、そのトップである自分がまず先頭に立って、姿で示してく所存であります。